【東京のお祭り】浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市 観光スポット
スポンサーリンク

毎年7月9日と7月10日に行われる浅草 浅草寺のほおずき市。多くの方が訪れる東京のお祭りと言えます。

観音さまのご縁日は「毎月18日」ですが、これとは別に室町時代以降に「功徳日(くどくび)」と呼ばれる縁日が新たに加えられました。月に一日設けられた この日に参拝すると、百日分、千日分の参拝に相当するご利益(功徳)が得られると信仰されてきました。中でも7月10日の功徳は千日分と最も多く、「千日 詣」と呼ばれていましたが、浅草寺では享保年間(1716~36)ごろより「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益は46,000日分(約126 年分)に相当するといわれるようになりました(この数については「米一升分の米粒の数が46,000粒にあたり、一升と一生をかけた」など諸説ございます が、定説はありません)。
なお、この10日を待って一番乗りで参拝したいという民衆の思いから、前日の9日より人出があって、7月9・10日の両日が四万六千日のご縁日と受け止められるようになりました。
また、この両日には「ほおずき市」が「四万六千日」のご縁日にちなんで開かれます。そもそもこの市は、芝の愛宕(あたご)神社の縁日に始まり、「ほおずき を水で鵜呑(うの)みにすると、大人は癪(しゃく)を切り、子どもは虫の気を去る」といわれるなど薬草として評判であったようです。その愛宕神社の縁日は 観音さまの功徳日にならい四万六千日と呼んでいたのですが、やがて「四万六千日ならば浅草寺が本家本元」とされ、ほおずきの市が浅草寺境内にも立つように なり、かえって愛宕神社をしのぎ盛大になったと伝えられています。
一方、江戸の昔、落雷のあった農家で「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことから、文化年間(1804~18)以後に「雷除(かみな りよけ)」として赤とうもろこしが売られるようになりました。ところが明治初年に不作が原因で赤とうもろこしの出店ができなかったことから、人々の要望に より「四万六千日」のご縁日に「雷除」のお札が浅草寺から授与されるようになり、今日に至っています。
あさくさかんのん 浅草寺より

物凄く目出度い日という事は解りますね。この「ほおずき市」が夏の訪れと感じる方も多いようです。

スポンサーリンク

浅草寺周辺

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

いつも混み合っている浅草寺周辺ですが、この日は特に混み合います。浅草近隣は大きな駐車場が無いので駐車場を探すのも大変なため、この日は公共機関で来るのが良いと思います。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

アーケードから見える東京スカイツリー、もう浅草に馴染んでいるようにも思います。

スポンサーリンク

雷門から仲見世(表参道)

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

この日ばかりは雷門の前での待ち合わせはやめた方が良いかもしれません。凄い人なので少し離れたところで待ち合わせをするのが良いのではないでしょうか?

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

雷門の大きな提灯を反対から見ると「風雷神門」と書かれています。これは「風神」「雷神」を合わせたものです。

また仲見世も凄い人ですので流れに沿って歩いた方が安全です。写真を撮っている状況ではありませんでした。しばらく進むと宝蔵門が見えてきます。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

なんでこの提灯には「小舟町」って書かれているんだろう?思って調べたら日本橋小舟町の方達からの寄進という事でした。なるほど。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

山形県村山市からこの大きな草履は寄進されたのでしょうね。奥に東京スカイツリーを見る事が出来ます。

スポンサーリンク

浅草寺 本堂

そして本堂です。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

ここまでは物凄く混んでいますが、実際のほおずき市の行われている右側に行くとそれほどは混雑していません。あくまで仲見世と比べた場合ですが。実際には混んでいると表現しても問題ないでしょう。

スポンサーリンク

ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

ほおずきと一緒に風鈴が飾られて?販売されており、これが物凄く風流に音を鳴らしていました。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

粋なお姉さん達が一生懸命ほおずきを販売しています。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

日本だと観賞用のほおずきですが、海外だと食用としても販売されているそうですね。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

ほおずきを販売するお店は120ほどあるそうです。

東京の夏の風物詩でもあるほおずき市(四万六千日)に行かれてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

ほおずき市 基本情報

  • 日程:7月9日7月10日(曜日関係なし)
  • 時間:本堂:午前6時~午後8時頃 / ほおずき市:午前8時頃~午後9時頃
  • 浅草寺:公式サイト

駐車場は雷門前の地下駐車場がありますがあまり多くは停められません。早目に行かないと満車になっている事もあります(有料)。

スポンサーリンク

この時期お薦めの浅草グルメ

この時期に食べてほしい浅草のグルメを紹介します。

芋ようかんソフトクリーム

浅草と言えば、満願堂の芋ようかんと答える方もいらっしゃるのでは?その満願堂さんが販売しているのが、芋ようかんソフトクリームです。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

まさに芋ようかんというよりは、焼き芋味を想像してもらった方が良いかもしれません。和風テイストの美味しいソフトクリームです。

浅草寺 四万六千日 ほおずき市

もちろん、芋ようかんも食べて下さいね。

→浅草 満願堂

うなぎ 色川

浅草でうなぎと言えば、色川!と答える人も多いですよね。老舗の鰻屋さんです。

浅草 うなぎ 色川

浅草 うなぎ 色川

浅草 うなぎ 色川

このほおずき市に合わせて行ったのですが物凄く並んでいて後日行く事になりました。鰻屋さんなので出てくるまで時間はかかるのは当たり前ですが、20人くらい並んでいたらさすがにどれだけ待つか解からないので素直に諦めました。別の日に行ったら4~5人は並んでいましたが30分くらいで入る事が出来ました。このほおずき市の日と丑の日だけは素直に行かない方が良いかもしれません。

  • 住所: 〒111-0034 東京都台東区雷門2−6−11
  • 電話:03-3844-1187
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
スポンサーリンク

浅草に関連したおすすめ記事

コメント