【東京散歩】四ツ谷駅から赤坂見附まで夜景。お散歩デートにも

迎賓館 東京夜景
スポンサーリンク

四ツ谷駅と言えばJR中央線で御茶ノ水駅についで唯一山の手線内で快速が停まる駅ですが、あまりパッとしたイメージが無いと思いませんか?特に遊ぶところもなく。でも、都内にしては比較的静かな場所で割りと好きな場所です。

そんな四ツ谷駅から赤坂見附まで歩いてみました。

スポンサーリンク

JR四ツ谷駅の夜景

JR四ツ谷駅

麹町方面から見た四ツ谷駅。あまり大きく見えませんよね。この横の橋が割りと好きです。

JR四ツ谷駅

特別な橋ではありませんが、何故か落ち着く橋だと思いませんか?思いませんか、そうですか。

JR四ツ谷駅

この街灯が結構好きです。そしてこの街灯から下を見てみると少しだけ歴史を感じる作りになっています。

JR四ツ谷駅

こういうタイル作りってなんか良いですよね。

JR四ツ谷駅

橋の上からは赤坂方面の高層ビルが綺麗に見えます。ホームは帰宅する人で結構混雑しています。

JR四ツ谷駅

四ツ谷駅のアトレ。あまり大きく無いのですぐに見終えてしまうんですよね・・・・。利用者に比例して作ったと思うのですが、あまり利用者がいないのですかね?JR四ツ谷駅の1日の乗降者は約9万人という事なのですが、秋葉原駅は約12万人、その差がアトレの大きさの差なのかな?と思ったり。

四ツ谷駅の不思議 赤坂口の穴って何?

JR四ツ谷駅

そしていつも不思議に思うのが四ツ谷駅前のこの空間。何なのかな?と思って調べてみました。江戸城のお堀の一部だったそうですが、ここだけ未利用地になっているそうです。なんかこんな都心に勿体無いような木もするのですが。でも、こういう謎な空間って何なんだろう?って想像すると面白いですよね。

ここから歩いて迎賓館方面へ向かいます。

スポンサーリンク

迎賓館赤坂離宮

四ツ谷駅から少し歩くとすぐに見えてくるのが迎賓館赤坂璃宮です。

迎賓館は、外国の元首や首相など国の賓客に対して、宿泊その他の接遇を行うために設けられた迎賓施設です。
賓客の滞在中は、首脳会談、表敬訪問、署名式、レセプションや晩餐会など様々な公式行事が行われます。迎賓館は、これらの接遇を通じて外交の重要な一翼を担っています。

と内閣府の説明では書かれていました。宿泊施設にもなっているのですが、一生泊まる事は無いんだろうな~って当たり前ですね(^_^;)

迎賓館

門構えからして立派ですよね。

迎賓館

迎賓館

利用されていない夜ともなれば真っ暗です。でも中には赤外線のセンサーとかついているのだと思いますが。昼間だと警察官が立っている事が多いのですが夜だといないのは大丈夫なのかな?利用されてなければ危なくないのかな?と考えてみたり。

スポンサーリンク

赤坂見附方面へ

ここから赤坂見附方面へ歩いていきます。迎賓館までで約1/3くらいです。

赤坂見附

ホテルニューオータニが見えてきます。

赤坂見附

水面に映る光が綺麗です。ここもお堀の後なのでしょうね。という事で調べたら、弁慶堀という名前のお濠という事です。

赤坂見附

そして赤坂見附に到着。四ツ谷駅よりも賑わっているな・・・

赤坂見附

弁慶橋から見た風景。ここにはボート乗り場もあります。橋の下には「橋の下」というダイニングバーがあります。ランチが人気のようです。

赤坂見附

赤坂見附の交差点の陸橋から見た風景。

スポンサーリンク

今回のコース

今回のコースは下記の通りです。

yotuya

約1.4km 17分となっていますがゆっくり迎賓館も見ながら歩くと40分~1時間くらいのコースとなります。たまには少し遠回りして夜景を見ながら帰宅してみてはいかがでしょうか?カップルでゆっくりと歩いて赤坂見附近辺で食事をするというデートコースにも良いのではないでしょうか?静かな通りなので落ち着いて歩く事が出来ます。

スポンサーリンク

近隣の予約可能なレストラン

歩いた後は食事でも。ホテルニューオータニ等のホテルが近くにあるのでレストランも充実しています。

赤坂スクエアダイニング/赤坂エクセルホテル東急 (オールデイダイニング)
沙伽羅 (和食)
KATO’S DINING & BAR /ホテルニューオータニ (日本料理)
紀尾井 なだ万/ホテルニューオータニ (日本料理)
エスカーレ ホテルモントレ赤坂店 (フランス料理)

コメント